05
1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
16
17
18
19
20
21
22
23
24
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての海外旅行記9

ベガス2日目

朝10時に Cちゃんがホテルまでお迎えに来てくれる予定でした
車止め あたりで待っていたのですが
じぇんじぇん こない。。。。

昨日の印象が悪くて 愛想つかれて捨てられたか???などと
内心 おどおど してたりして(*^^*)

やがて Cちゃんが来てくれたのですが
来る途中の 高速で タイヤがパンクして
時間が かかるので パンクは旦那さんに任せて
息子さんを呼び出して ホテルまで来てくれた

ちゃんと電話のかけた 聞いておけばよかった(@^^)ゞ ポリポリ

で、思わぬハプニングでしたが
予定通り

レッドロックへ 

レッドロック

写真で見ると 狭い範囲だと思うでしょうが
実際は 広大な 砂漠の中 遠くに写ってる 山が高すぎて
小さく見えるだけでそばへ行けばすごいものなのです
延々と続く 砂漠地帯に
風によって 削られた 岩・岩 
これがグランドキャニオンになると もっとすごいという事で
どんなに 広大かを 思い知らされます

レッドロック1
何処かに二男が・・・・
レッドロック3

レッドロック2

こんな砂漠や岩場で インディアンたちが暮らす 
どんな生活の知恵を持っているのか
尊敬いたします。

サソリ
ガラガラヘビ
オオカミ
コンドル
などなど 身の危険もあり~の
ロバ
カメ
リス
トカゲなども
適応してして生きてる すごいね 自然!

レッドロックの後は 素敵なイタリアン系のお店へ
美味しかったなぁ~ といいつつ 写真は無しです

その後 Cちゃんの旦那様とは別れ
アウトレットのお店へ連れて行って貰いましたが
ものすご~~~いお店があるのに
名前が判る ブランドは数軒しかない自分が
いかに 高級なものに縁がなく興味もない事が
よ~~~くわかったのでありました。

その時は この値段が本当に安いのかどうか?
チンプンカンでしたが
帰国後 ネットで検索したなら
ちょっと お得感を 味わえた(*^^*)

この夜も Cちゃんは 色々 案内して下さるつもりでいて下さったのですが
なんせ 毎夜毎夜遅くまで遊びほうけて 沢山歩いて 疲れが結構溜まっていましたので
早めにホテルに戻り しばし 休憩

ですが またまた 21時過ぎには 復活
地図上では 近くにあるはずの ミラージュの火山のショーと
宿泊している ベラジオの噴水ショーを 撮影すべく 二男と出かけたのであります

スポンサーサイト

初めての海外旅行記8

ラスベガスに到着したのは18時過ぎ

ここラスベガスでは ネットのピクミーのお友達 Cちゃんに全てを委ねる
Cちゃんにしたら迷惑な考えのおかんです(@^^)ゞ ポリポリ

空港には旅行会社手配の 現地スタッフが迎えに来てくれて
ホテルのチェックインまで 手続きしてくれますが

もう1人 別ホテル宿泊のおじさんが 同乗

19時にロビーで Cちゃんと待ち合わせなのに

車に乗って 最初に聞いた言葉が

『予定変更して、別ホテルの人から 送ります』とかいう

え~~~うそ~~~と内心 穏やかに非ず

こちとら トイレにも行きたいし 待ち合わせギリギリだろうし・・・と思いながら
黙って 車に乗っていたところ

おかんたちの宿泊先のホテルの前を素通りして そこからかなり離れたホテルまで行き
それから また 元へ戻るという なんと理不尽な事をしてくれるやら
"┐( -""-)┌ ヤレヤレ"

こんな事なら 空港からリムジンを頼んでおけばよかったと後悔(^^;;
身の丈に合わない事は してはいけないなぁ~と頼まなかったんだけど。。。。

ホテルのチェックインの際 予定は10階の部屋だったらしいのですが
フロントのお姉さんが もしよかったら 20階へ 変更できますよ!って
替えてくれました

そりゃ、少しでも高い方が景色良いものね。
ベラジオより2
ベラジオより1

部屋へ行き 荷物も掘りだし トイレを済ませて
大急ぎで ロビーへ ホテルがとんでもなく広いので 焦りました

辺りを見回す

すると 事前に送っていただいた写真に似た女性発見

嬉しかったよ~
本当に 私たちの為に 来てくれて 待っていてくれたんだもの
感謝感謝です

まずは 腹ごしらえ

隣のホテル バリーズの 『一番』という日本食のお店まで

何処をどう歩いたのやら ホテル同士が繋がっているのですが
どのホテルも 大きいから 結構 迷路状態です

お寿司やお蕎麦がとっても美味しかった!
経営が日本人なので 日本語で十分OKです

そして食後
Cちゃんから サプライズで
ショーを観に連れて行って貰ったの

ジュビリーというショーですが

総勢100人のダンサーで 女性はトップレスなの
でもいやらしさなんて全然感じない 元気に明るくなれるショーでした
ジュビリー


夜遅くなりましたが 明朝は 10時に お迎えに来て下さるとの事
わくわくドキドキの ベガス初日の夜は 華やかさに圧倒され 過ぎてゆくのです

初めての海外旅行記7

いよいよ サンフランシスコから ラスベガスに移動する日

この日もS君来てくれて 午後のホテル出発までの時間
ユニオンスクエア付近の 散策に連れて行ってくれました

チョコの有名なお店
チョコ

本当は買いたかったのだけど
これから 30度越えの ラスベガスに行くので諦めました

有名なデパートや
アウトレットお店など 沢山見るところがあり
お買物の好きな人には たまらんだろうなぁ~

おかんは 貴重品持ち歩くショルダーが小さくて
ビデオカメラ Wifi デジカメ 携帯バッテリーなども
持ち歩けるショルダーが欲しくて アウトレットの店で
超軽量なレスポのショルダー(2012年5月限定品)を 1年遅れではありますが購入
レスポ
ポケットや仕切りなど5カ所もわけて入れる事が出来るので便利

そして夕方
ラスベガスへと飛び立つのでありました

さらば サンフランシスコ
S君本当にありがとう!

サンフランシスコのハプニングな毎日を プレゼントしてくれた ホテル
ヒルトン ユニオンスクエア よ
一生忘れないでしょう

ラスベガス

いよいよ旅の後半 ラスベガス編へ 突入です

初めての海外旅行記6

部屋に戻ると チェストの引き出しが 少し開いている

今朝まで 1度もそんな事は無かったのに 

????

部屋のチェストは全然利用しなかったから
何も入ってなくて 全く問題は ないのですが

(折角ある設備、使いこなせてない 貧乏性 そこが問題かも)

何故 開いているのか?

閉めても 閉めても 同じ幅 開いてくる( ̄O ̄;

もしかしたら ホテルが傾いた?とか思ったりしながら
何度か挑戦したら どうにか 開かなくなったので安心(*^^*)

毎日 夜遅くまで遊び疲れ ハプニングに見舞われ続けたが
引き出しが少し開いていただけなので ゆっくり眠れるはず

なのに そんな時に見た夢に

幽霊さんが 御主演され

挙句に

足が つりました。。。。。。

疲れから つったのでしょうが
痛いのなんの!

何にも起こらない日は いつ来るのやら
"┐( -""-)┌ ヤレヤレ"

初めての海外旅行記5

フィッシャーマンズワーフを歩き
ケーブルーカー乗り場へ
乗り場
坂の街 上ったり下ったり
市内2
時折遠くに見える景色がとてもすてきだったり市内

市内に戻り 案内のS君は所用で帰宅
そこで宿題を課せられ 通訳なしで お買物にチャレンジすることになった

用事を済ませた S君がホテルに来てくれた時
部屋には お買物した袋や スタバで買った飲み物があったので

S君は 課題にチャレンジできたんだと思ったようです



実は、偶然にも
買い物先には 全て日本人スタッフがいたのでありましたとさ
(*≧m≦*)ププッ

そして チャイニーズタウンへ繰り出し夕食

おかんは 日本で俗にいう かに玉を頼んだのですが
まるで お好み焼きのようなかに玉でした( ̄O ̄;
嫌いな もやしが いっぱい入っていて とても無理だったよ~~~
なので 息子たちのおかずを頂いておりました。。。

チャイニーズタウンを歩いていると
いろいろなお店に 結構 エセキャラクターものやら
置いてありましたわ! さすがです。

こうしてサンフランシスコの最後の夜を迎えるべく
又も夜遅くホテルへ戻ったのでありました。

そして今度は何が起こるやら・・・・




初めての海外旅行記4

その事件とは

二男がトイレに入ったのはいいのですが
詰まってしまって 流れない!

なんとすべく 割り箸でつついてみてもダメ
もう少しで水が溢れそうだと・・・

英語で なんと言えばいいのやら
検索してみた 単語は A restroom was clogged up だった
当然、フロントへの電話は 二男担当である

どうにか通じたようだし 向こうの言ってる事も
ある程度は 理解できたようだが なんと言って答えればいいのかが
チンプンカン
おかんにかわると

4or5minutes wait・・・・とか言ってるので
O・Kと返事をして 終了
数分後に
メンテナンスの おじさんが来てくれて 頑張って
詰まりを解消してくれましたとさ

そんでもって 英語に苦労した2人なのだが
実は 送迎の人から貰った シスコの案内のなかに
簡単な例文が記されていて
トイレが流れないという文章が 書いてあることに
翌朝気付くのでありました。

S君が案内してくれるからと
詳しく目を通していなかった おばかなおかんでした( ̄O ̄;

そして この日は
市内観光にて

まずは Fラインと呼ばれる路面電車?バス?に乗り
何処まで乗っても2ドル 乗り降り数時間は2ドルで出来るよ
路面電車?バス?

フィッシャーマンズワーフへ向かう
フィッシャーマンズワーフ

シスコは霧の街とかいうけど
全然 霧なんて縁がなく

アルカトラズ
アルカトラズ
ゴールデンゲートブリッジ
ゴールデンゲートブリッジ
まぁ綺麗に見えます事!
そして何やら獣の声が

アシカ
巨大アシカのむれが日向ぼっこしてます

朝昼兼用で フランスパンの中に クラムチャウダーなどが入ったのをいただく
パン

初めての海外旅行記3

食事から帰って  もう深夜  S君も自分の滞在先へと帰ったので
ひとっ風呂浴びて 早朝出発の ヨセミテへ1日で行く
強行ツアーの為に寝なきゃいけないのでありましたが

おかんは 何の問題もなくすみましたが
二男が 浴槽につかって さあ シャンプーしようかという時に
蛇口が壊れ 水もお湯も何も出なくなっちゃった( ̄O ̄;

真夜中 そんな事英語で説明も出来るわけないし
翌朝に S君に説明して貰おうと 翌朝 ロビーに7時15分集合だったのですが
早めに ロビーへ下り S君を待つ事にしたが

待てども 来ない!
やがて ツアーの案内の人が来るも S君は来ない

連絡を取ると なんと 電車が止まって 動かないとのこと
さすがに もう一組 一緒に出掛ける方がいたので
それ以上は待てないとのことで 彼は キャンセルになってしまった

蛇口の事も 説明できないまま
そしてS君を見捨てて 

世界遺産ヨセミテ国立公園 日帰り観光ツアー<日本語ガイド> に出かけたのでした

ガイドさんは日本の方で ちょっぴりジャパネットの高田社長に似てる
ご一緒の 御夫婦は 年配でかなりの富裕層の方。
私たちは 往復 700㌔を日帰りでしたが
その方たちは ヨセミテで 宿泊されるとの事、帰りは貸切ですわ

余りにも雄大な景色に 感激
今年は 早い雪解けで この時期にしては
水量も多く 見ごたえのある滝でした
世界でも 3位 4位とかの落差だそうです

氷河に削られた その岩・岩・・・
1枚岩で高さが1000m超えてたり 圧巻です

帰りに 殻付ローストアーモンドを紹介して貰ったのですが
軽い塩味で 美味しかったです
ツアーに参加できなかった S君へのお土産に買ったのいうまでもありません

ヨセミテ ブライダベールの滝
ヨセミテ2
ヨセミテ 1枚岩
ヨセミテ滝

サンフランシスコへ戻ったのは 夜19時半
S君は ホテルのロビーで待っててくれて
やっと シャワーの蛇口の事を ホテル側に伝える事が出来たのでありますが

なんと
部屋に戻ってみれば 直ってるではありませんか!
掃除の際に 修理依頼してくれたんですね
なのに・・・・メンテナンスの人呼んじゃった
(T▽T)アハハ!

それからまた 夜の街へ 夕飯食べに繰り出し
日本食 観光案内にも出ている
”さかな”というお店へ 出かけてきました

そして またも 夜中に 事件は起きるのでありましたとさ

初めての海外旅行記2

サンフランシスコ到着

入国審査にて ドキドキ
なにせ 英語が とんと苦手な2人組ですからね~
ツアーといっても添乗員もいない
フリーステイなのですから(^^;;

なのに あれよあれよと いとも簡単に通過でした

空港では現地ガイドの送迎&チェックイン案内が待っているのですが
めちゃくちゃ 早く入国審査パスしたのに
いつまでたっても 空港から出発しない。。。。

どうも 違う便の 到着客も一緒に 乗せるつもりのようで
結局 1時間程 ボケ~っと 空港で待たされた(`-´メ) プンッ

ホテルに到着すると ロビーに 二男の友人S君が 来てくれていた
チェックインを済ませ 部屋を確認
貴重品を入れる セーフティーボックスを開けようとするも
何故かロックされていた。適当に オープンを押したら
カウントダウンが・・・・

そこで S君 フロントに電話
まぁ 素敵!!
英語 ペラペラで 説明してくれたわ♪

暫くすると わが男どもよりもでかい
黒人の女保安員がきてくれたが

態度悪~~~~~~っていうか
最初から閉まっていたのに

私たちが 何かしたんじゃないかと 疑って 怖いっ声音で
話してくるのです。 しかし そんな早口な英語なんて
判る筈のないおかんは S君が なんだあの御態度わ!って怒るまで
気が付いてなかったのですが (*≧m≦*)ププッ

シスコは 夜 暗くなるのが9時頃なので
街は 遅くまで賑やか

早々 夕飯の為に外出
街の中を歩いて メーシーズの中の
シスコでもかなり 人気店 チーズケーキファクトリーへ
45分待ち だけど その間 メーシーズの中を 散策 苦にならず

チョッピリ ビールを頂き
美味しいもの食べて また 街中を散策しながら
夜中にホテルへ戻り
そして

また

ハプニングにあう 親子なのでした

初めての海外旅行記1

この度 人生初の海外旅行へ 二男と出かけました。

友人の告別式の後 腫れぼったい顔のまま。。。。

電車で桑名 桑名からは空港行高速バスにてセントレア(中部国際空港)へ


セントレア 20時45分発 羽田行き
羽田で 二男と待ち合わせで 出発は 日にちを越えた
0時5分

今回飛行機は 長距離とあって プレミアムエコノミーを選択
羽田のサクララウンジが利用できました。
軽く飲食でき ゆったりと出発を待てるのが良いですね。
サクララウンジ

目的地は
目的地
サンフランシスコ

二男の高校時代からの友人が 語学留学しているのです
その彼の勉強も卒業となるので この機会に会いにゆくことに

そして 毎日が 笑えるハプニング続きの 旅の始まりとなりました

告別式

昨日の通夜
大勢の人が来てくれたた

亡くなった友人の 仁徳

それなのに・・・・

今日は昨日の暑さに比べると
風も吹き 爽やかだったね

平日だけど 今日も多くの人が
それも あなたの棺が 見えなくなっても
まだ沢山の人が残っていたね

涙・泪・なみだ
もう 顔が腫れぼったいよ

同級生 逝く

朝 わんこの散歩を終え
6時から 草抜きをしていた

7時前 携帯が鳴り 誰かと思えば
西隣の 同級生(男子)から
同じ在所の 同級生が亡くなったと・・・
(みんな保育園から中学まで一緒)

全く原因は判らなかった

いつものメンバーに連絡入れ
今夜の通夜
明日の告別式と伝える

母の日

昨年から いろいろ思う事があり
自分では 自分の親に対して 誕生日やら
イベントなどに 何もしなくなった(^^;;

なのに
自分は 子供にいろいろしてもらって 良いのか??
(T▽T)アハハ!

遠く離れた 子供達は
電話で 元気な声聞かせてくれたし

近くにいる 長男は
夜ご飯をご馳走してくれた

最近 草抜きやら 寝不足やらで
遂に 扁桃腺に痛みが来ていたが

美味しいもの食べて
睡眠をとったら 

朝には 痛みがとれてました

やった~☆

第7回・8回

第7回基礎クラス

バジルツオップ
ドライトマトと乾燥バジルを混ぜ込み、生地を三つ編みに成形したパン。アクセントとなる粉チーズを表面にまぶして焼き上げます。

バジルツオップ

第8回基礎クラス

パリパリカレー
ツナ缶と玉ねぎでカレーフィリングを作り生地の中に包みます。生地の下にいたチーズが焼成によってパリパリになるのがおいしさのポイント。

パリパリカレー

第5回・6回 パン教室

第5回レッスン

ココア入りの生地にチョコチップとラム酒漬けレーズンを混ぜ込み、可愛いハート形に仕上げて焼き上げます。仕上げに粉砂糖をふるって。

レザンハート

でも、ラムレーズンが苦手なので入れなかったけどね(*≧m≦*)ププッ

第6回レッスン

電子レンジで作ったカスタードクリームをブルーベリージャムと一緒に焼き上げたお菓子パン。生のブルーベリーとセルフィーユを飾って仕上げます


ブルーベリーカスター
ブルーベリーはおかんにとってはイマイチ
バナナとか他の果物やジャム系の方がいいかな??

プロフィール

るいはは

Author:るいはは
おかんと3頭いろいろあるよ。
メインHP
ようこそわがやへ

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事+コメント

リンク

お便り・業務連絡 待ってます☆

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター


カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。